総合トップ | トップページ | 新着情報 | 20世紀の出来事 | 『一休.com』


伊豆のホテル | 横浜開港150周年 | 春旅行

東海道新幹線

東海道新幹線
伊豆のホテルに泊まっちゃおう

toukaidousinkansen.jpg

新幹線といえば、速いということで有名ですが、その他にもたとえば、「東海道新幹線(とうかいどうしんかんせん)」は、日本で最も駅間距離が長い路線でもあります。米原?京都間で68.0キロメートルです。
東海道新幹線は、東京から新大阪まで552.6キロメートルを結びます。
三島〜新富士間では、お天気がいいと雲間から富士山が顔を出しているのを見ることができます。
東京から新大阪まで、首都圏、中京圏、関西圏を結ぶ日本で最も重要な幹線といっていいでしょう。
主役はやはり新幹線ですが、歴史あるこの街道沿いに日本で最初に敷設されたのが、「東海道本線(とうかいどうほんせん)」です。途中には、風光明媚な富士山や浜名湖、歴史ある土地として関ヶ原、安土、そして何より京都があります。
新幹線で途中下車というわけにはいかないので、これらの名所に立ち寄るには、やはり東海道本線が今も頼りの綱であることにかわりはありません。

また、東海道本線の起点である「東京駅」もさまざまな歴史を見送ってきた存在です。大正3年に竣工されました。
竣工時、その総面積は22万700平方メートル(全長322メートル、ドームの高さ37.6メートル)。
当時の外壁のレンガは、当時のもので、その重厚な威容を十分に保っています。(ドームは第二次世界大戦で焼け落ちてしまいました)。

東京駅に入線する東海道本線の面々:「富士」「さくら/はやぶさ」など、の名前を聞くと懐かしさを覚える人もいらっしゃるでしょう。「富士」「さくら」といえば、日本でもっとも歴史ある特別急行列車名です。



posted by 伊豆高原 伊豆の国記録の細道 at 14:16 | Comment(0) | 新幹線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東海道新幹線と駅弁

東海道新幹線と駅弁
伊豆の国物語 伊豆のホテルに泊まっちゃおう!

東京〜大阪間は、風光明媚な見どころ満載の路線なのです。かつてはここに君臨していた「東海道本線(とうかいどうほんせん)」を抑え、今では「東海道新幹線(しんかんせん)」がすっかりその主役となりました。

それでも、新幹線ではあーっという間です。
たとえば名古屋で「味噌カツ弁当」を買ってウキウキしながら乗り込んでも、あーっという間に大阪です。ゆっくり景色を楽しみながら、お弁当をほおばり、デザートにミカンを食べて、お茶を飲んで、うとうとして、というわけにはいかないようです。





でもやはり、駅弁の人気は根強いものがあります。東海道新幹線の駅で購入できる駅弁を見つけてみましょう:
●三島駅「桜えびめし」
駿河湾といえば、ほんのりピンクの桜エビで有名です。三島駅の「桜えびめし」は、駿河湾でとれた桜えびをふんだんに使った名物弁当です。
お腹に重くないので、女性にもぴったり!
食事時間でなくても、ちょっと食べたくなるお弁当です。
ちなみに、三島駅は、三嶋大社を模した社殿づくりの風格ある駅です。
鉄道唱歌でおなじみの駅です。「三島は近年ひらけたる豆相線路のわかれみち・・・」ご存じですか?





●米原駅「ステーキ弁当」
名物井筒屋の「ステーキ弁当」は、米原駅で購入できます。「お弁当」としてしまっていいのか、と思うほど、本格的なステーキをいただけます。がっちり食べたい方にお勧めのお弁当です。
パッケージに描かれているのは、旧長浜駅舎です。
旧長浜駅舎は、明治15年開業の現存最古の駅舎です。興味のある方は、「旧長浜駅舎資料館」を訪ねてみるのも面白そうです。

源泉掛け流しの湯 御宿さか屋 (静岡県・古奈温泉)


造り酒屋ののち湯宿に転業して24代を数える、創業400年以上の老舗旅館。岡本太郎がデザインしたお風呂など館内6カ所の湯船に、1200年前から湧く源泉“子宝の湯”を掛け流す。中伊豆の豊かな自然とともに、天城の山海の幸をいただける料理も評判です。
ぜひ、おいで下さい。
posted by 伊豆高原 伊豆の国記録の細道 at 14:35 | Comment(0) | 新幹線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
安い快適楽天BB

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。