総合トップ | トップページ | 新着情報 | 20世紀の出来事 | 『一休.com』


伊豆のホテル | 横浜開港150周年 | 春旅行

東海道新幹線

東海道新幹線
伊豆のホテルに泊まっちゃおう

toukaidousinkansen.jpg

新幹線といえば、速いということで有名ですが、その他にもたとえば、「東海道新幹線(とうかいどうしんかんせん)」は、日本で最も駅間距離が長い路線でもあります。米原?京都間で68.0キロメートルです。
東海道新幹線は、東京から新大阪まで552.6キロメートルを結びます。
三島〜新富士間では、お天気がいいと雲間から富士山が顔を出しているのを見ることができます。
東京から新大阪まで、首都圏、中京圏、関西圏を結ぶ日本で最も重要な幹線といっていいでしょう。
主役はやはり新幹線ですが、歴史あるこの街道沿いに日本で最初に敷設されたのが、「東海道本線(とうかいどうほんせん)」です。途中には、風光明媚な富士山や浜名湖、歴史ある土地として関ヶ原、安土、そして何より京都があります。
新幹線で途中下車というわけにはいかないので、これらの名所に立ち寄るには、やはり東海道本線が今も頼りの綱であることにかわりはありません。

また、東海道本線の起点である「東京駅」もさまざまな歴史を見送ってきた存在です。大正3年に竣工されました。
竣工時、その総面積は22万700平方メートル(全長322メートル、ドームの高さ37.6メートル)。
当時の外壁のレンガは、当時のもので、その重厚な威容を十分に保っています。(ドームは第二次世界大戦で焼け落ちてしまいました)。

東京駅に入線する東海道本線の面々:「富士」「さくら/はやぶさ」など、の名前を聞くと懐かしさを覚える人もいらっしゃるでしょう。「富士」「さくら」といえば、日本でもっとも歴史ある特別急行列車名です。



posted by 伊豆高原 伊豆の国記録の細道 at 14:16 | Comment(0) | 新幹線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
安い快適楽天BB

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。